赤ちゃんがスクスク育つおもちゃ、ガラガラ・ラトルおすすめ15選!

みなさん、こんにちは! STUDYPARKサポーターのサチです。

赤ちゃんのおもちゃといって、まっさきに思い出すのはどんなおもちゃでしょうか?
はい!そうですね!
定番中の定番は、やっぱりガラガラ・ラトルですよね!

ご自分の赤ちゃん向けとしてだけでなく、ご出産祝いとしても、可愛いくて役に立つし、絶対に喜ばれるおもちゃなんですよ。

今回は、赤ちゃんのガラガラ・ラトルをおすすめするシリーズ第二弾です。
前回の記事では、ガラガラ・ラトルの種類やどの月齢がぴったりか、またどんな教育効果があるのか、ということについてご紹介しました。

赤ちゃんのおもちゃ、ガラガラ・ラトルの選び方で大切な3つのこと

今回は、じゃあいったいどれを買えばいいの?という方向けに、STUDY PARK[スタディパーク]が選び抜いた赤ちゃんのガラガラ・ラトルをご紹介したいと思います!
ぜひ参考にしてくださいね!

その前に、少しだけ、前回記事からのダイジェストとして、赤ちゃんのガラガラ・ラトルについておさらいしたいと思います。
うんちくはいいからおもちゃを早く紹介してよ!と言う方は、どうぞ読み飛ばしてください。

また、この記事でご紹介している商品は、STUDY PARKの通販ショップからもお買い求めいただけますので、後でのぞいてみてくださいね!

参考 赤ちゃんのガラガラ・ラトル特集STUDYPARK ショップ

ガラガラ・ラトルの機能別種類と赤ちゃんに適した時期

ガラガラ・ラトルには腕や指にひっかける、握る、両手を使って遊ぶなど、さまざまな使い方があり、それぞれに赤ちゃんに適した時期があります。
どの時期どれくらいの発達度合いで、どんな使い方をするのが適しているのかをまずはご紹介します。

新生児期〜2ヶ月・3ヶ月まで|腕や指に引っ掛けるリングタイプ

産まれてすぐから生後3か月くらいまでは、腕や指にひっかけて遊べるリングタイプのガラガラ・ラトルが適しています。
寝転がっていても遊べるように、また落としても怪我をしないように、軽くて小さい新生児向けのものを選びましょう。

また、ママパパが赤ちゃんのそばでガラガラ・ラトルを振ってあげるのもいいですね。
この月齢の赤ちゃんは、まだまだ視力が発達していません。
ですから、目立つ色のものを、ゆっくりゆっくり目の前で動かしてあげましょう。
生後2か月くらいの追視をはじめたばかりの赤ちゃんにとって、良い練習になると思います。

また、新生児でも、赤ちゃんの聴覚は私たちが思っている以上に発達しています。
音が出るガラガラ・ラトルをやさしく振ってあげましょう。
きっと赤ちゃんも楽しいし、聴覚の発達を促すはずです。

大きな音が出過ぎないように注意
聴覚に敏感な赤ちゃんもいます。あまり大きな音で刺激しすぎないようにしましょう!

生後3ヶ月くらいから|握って振れるグリップタイプ

少しずつ筋力がつくこの月齢の赤ちゃんは、自分の手でガラガラを握ることができるようになります。
赤ちゃんにとって握りやすい太さ、大きさ、軽さのものを選んであげると良いでしょう。

グリップタイプの基本は柄がついているものですが、柄が無くややつかみにくいものもあります。
例えば、卵形のものや、魚やいも虫がモチーフになっているものですね。
赤ちゃんがうまく握れるものからスタートし、少しずつ難易度をあげていくのがおすすめです。

生後6ヶ月・お座り期くらいから|両手が使えるので変形できるタイプ

お座りができるようになると、両手が使えるようになります。
この時期はグッとガラガラ・ラトルのレベルをあげて、複雑な造りだったり、握るのに少しコツがいるタイプのものを選ぶのがおすすめです。

例えば、形を変形させて遊ぶガラガラ。
自分で握って形を変形させることは、物の位置や方向、大きさ、形状、間隔などを認識する練習になり、空間認識能力を育てることにつながります。
また、力を入れると形が変わるという原因と結果の関係性を体験することは、論理性の理解の第一歩にもなります。

また、握るのにコツがいるタイプは、赤ちゃんがしっかり握ろうとするので自然に握力が鍛えられますし、握って持つことは微細運動神経の成長も促します。

こうしたことから、赤ちゃんがお座りできるようになったら、積極的にこれらのタイプのガラガラ・ラトルを取り入れることをおすすめします!

ハイハイ期|どれもOKだけど、特に転がるタイプ

生後8か月くらいになると、ずりばいやハイハイができるようになります。
ハイハイができるようになってから赤ちゃんの目の前で振ってあげると、ガラガラ・ラトルを取ろうとして一生懸命ハイハイしてくれるはずです。
ぜひ、転がるタイプを試してみてくださいね。

こうした運動を繰り返すことで、ハイハイをするのに必要な筋力を鍛えることができます。
さらに言えば、赤ちゃん自身でガラガラ・ラトルを捕まえることで、達成感を得ることができます。

いかがですか?ガラガラ・ラトルのすごさ、重要性にお気づきいただけたでしょうか!?
目で追い、耳で感じ、自分で近づいてガラガラ・ラトルを手に入れ、握って振って遊ぶ。
五感を様々な角度から刺激し、赤ちゃんの発達を促すうえで非常に有効なトレーニングなのです。たかがガラガラ、されどラトル!

機能別、おすすめのガラガラ紹介

お待たせしました!
ここからは、STUDY PARK[スタディパーク]が厳選した、赤ちゃんのガラガラ・ラトルをご紹介します!
赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみながら、遊んであげてくださいね!

ギラリー・3|リングタイプ|新生児〜



STUDY PARKで買う

これぞ王道なガラガラ・ラトルのロングセラーです。シンプルなデザインで飽きずに長く使えます。
この写真だと伝わりませんが、直径10cmでちっちゃくて可愛い!材質はカエデです。

ギラリー・スクエア|リング・変形タイプ|新生児〜

リングタイプですが、変形させて遊ぶこともできます。新生児のころは引っ掛けるタイプとして、お座りや両手を使って遊ぶことができるようになってからの変形タイプのガラガラ・ラトルのおもちゃとしておすすめです。
直径12cmと、前述のギラリー・3よりひとまわり大きいです。

ラトル・キュベリーノ|リング・変形タイプ|新生児〜

ラバー素材のでこぼこパーツがあるのが最大の特徴です。
形が変化するのが楽しい人気の赤ちゃんのおもちゃですね。
STUDY PARK[スタディパーク]が販売するガラガラ・ラトルの中でも、一二を争う人気のおもちゃです!
サイズは直径13cmと、やや大きめ。

ラトル・クローバー|リング・変形タイプ|新生児〜

曲線がくねくねと動き、形の変化を楽しめるガラガラ・ラトルのロングセラー。
持ち手は生分解性ポリマーという環境に優しい自然に還る素材でできています。
サイズは12cmほどです。


カレロ|グリップタイプ|3ヶ月〜

STUDY PARKで買う

持ち手がしっかりしていて握りやすい、グリップタイプのガラガラ・ラトルのおもちゃ。
鮮やかな色使いで、赤ちゃんの興味を引きます。見た目がぽってり大きく見えますが、サイズは直径10cmと、写真の印象よりもずっと小さいです!

ラトル・ギレロ|グリップタイプ|3ヶ月〜

持ち手がしっかりしていて握りやすい、グリップタイプのガラガラ・ラトルのおもちゃ。
鮮やかな色使いで、赤ちゃんの興味を引きます。
見た目がぽってり大きく見えますが、サイズは直径10cmと、写真の印象よりもずっと小さいです!
でも柄は太いので、しっかりものを掴めるようになってからが良いですね。

ドリオ|グリップタイプ|3ヶ月〜

Amazonで買う

ぶどうをイメージして作られたガラガラ・ラトルです。
手に持って振ったときの木玉の音がとても可愛いです。まだ自分で握れない内は、木玉を口にいれて遊ぶこともできます。
メーカーのネフ社は、おしゃぶりを長年作っている会社であり、おしゃぶりとしても安心して使えます。


SEボール|変形タイプ|6ヶ月〜

指にひっかかりやすく、動きが面白いおもちゃです。力を加えると色々な形に変形します。
つぶしたり、ボールとして転がしたり、投げたりすることができ、遊び方のバリエーションは様々なので、長く楽しめるおもちゃです。
赤ちゃんがお座りできるようになってからは特に楽しめるでしょう。

ギラリー・スマイル|グリップ・変形タイプ|6ヶ月〜

くねくねとヘビのように変形するのが可愛いラトルです。
長さが16.5cmとやや大きく重さもあるので、しっかりお座りができるようになった赤ちゃんにおすすめです。
こちらもSTUDY PARK[スタディパーク]の人気商品ですね。

クーゲルン|変形タイプ|6ヶ月〜

12色を使ったカラフルなガラガラ・ラトルです。
丈夫なゴムで玉がつながっていて、ぐにゃぐにゃと不思議に形が変わる面白さ!
つい大人も夢中になってしまい癒されます笑
触ったり握ったりと、手を使った遊びに夢中な赤ちゃんにぴったりなおもちゃです。
色々形を変えて遊ぶことができ、赤ちゃんの感覚をしっかりと刺激して発達を促すことができます。

PW サウンドラトル・タワー|転がすタイプ|8ヶ月〜

転がるタイプのガラガラ・ラトルです。
2階層になっていて、中の玉が行ったり来たり。玉落としとしても遊べるおもちゃです。
転がすとコロコロとやさしい木の玉の音が鳴ります・・・癒されます笑
ずりばいやハイハイの練習のお供にどうぞ。

ラトル・カラーフラワー|転がすタイプ|8ヶ月〜

8色を使ったカラフルなお花の形のガラガラ・ラトルです。
真ん中に鈴が入っているので音を楽しむこともできますし、コマのように回して遊ぶこともできます。
また、花びらの部分はゴムでつながっているため、つまんでひねったり回したりと、赤ちゃんにとって細かな動きを練習することもでき、発達を促してくれるおもちゃです。


ラトル・ピクシー|リングタイプ|6ヶ月〜

ピクシー(妖精)やきのこなど、可愛らしいモチーフのガラガラ・ラトルです。
色は華やかで形も面白いので、見る、触る、舐めるなど、色々な楽しみ方ができます。
サイズは10cm程度で小さめリングタイプですが、キャラクターたちが大きいので、お座りができてからの方がふさわしいかと思います。
という意味で、おすすめ時期は6ヶ月以降としました。

ラトル・モビー|グリップタイプ|6ヶ月〜

お魚さんがモチーフのガラガラ・ラトルです。
グリップタイプですが、柄がないのでちょっと掴みづらいかもしれません。
こちらもしっかりとお座りができるようになってからが良いかと思います。
手に持つとグラグラと揺れる動きと、カチカチという音が楽しいおさかなラトルです。

ミュージカル・エッグ|グリップタイプ|6ヶ月〜

STUDY PARKで買う

卵形のグリップタイプのガラガラ・ラトルです。
5つそれぞれ中に入っているものが違うため、振ったときの音色も異なります。
掴んで握って楽しい、振って楽しい、音も楽しい、STUDY PARK[スタディパーク]おすすめのおもちゃです。
こちらもお座りができてからが良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介したようにガラガラ・ラトルにはいろんな種類があり、楽しみ方ももたくさんあります。赤ちゃんの五感を刺激して発達を促し、なおかつ赤ちゃんが楽しんで遊べるのがこのおもちゃの良さです。
ぜひ、赤ちゃんと一緒に遊んでみてくださいね。

また、お孫さんへのプレゼントやお友達へのご出産祝いとしても喜ばれること間違いなしです!
ここでご紹介したものはどれも、センスが良くて品質も抜群のガラガラ・ラトルばかりです。
ちょっとした使い方も一緒に添えて、大切な方にプレゼントされてみてはいかがですか?

それから、ご紹介したガラガラ・ラトルは、STUDY PARK[スタディパーク]の通販ショップでお買い求めいただけます!他にもいろいろな知育玩具を取り扱っていますので、ぜひ今すぐお立ち寄りくださいね!

参考 赤ちゃんのガラガラ・ラトル特集STUDYPARK 通販ショップ