集中力がつく!1歳〜3歳の幼児向け「通す」木のおもちゃ10選

将棋の藤井四段のおかげで、何かと話題にのぼることが多くなったモンテッソーリ教育。
幼稚園で子供たちが器用に針と糸を使っている姿をテレビで見て、びっくりしたママパパも多いんじゃないでしょうか。
そうですよね、針と糸の使い方は小学校の家庭科で初めて習うようなイメージですから。

でも実際、モンテッソーリ教育の幼稚園では、3歳後半から4歳、5歳の子が一人で針と糸を使って「縫いさし」活動をどんどんやっています。
いったいどうしたら、そんなに小さな子供たちが縫いさしをできるようになるんでしょうか?

縫いさしのその前に

モンテッソーリ教育の幼稚園では、子供の発達具合を見ながら、段階的に縫いさしができるよう導いていきます。
いきなり針と糸を渡してスパルタでやらせるわけではありません。

棒通しや紐通しといった木のおもちゃをご存知でしょうか?
こういうやつです。おもちゃ屋さんで見かけたことありますよね。

実は、この棒や紐を「通す」木のおもちゃが、針と糸を使って「縫う」道へと続く第一歩なんです。
モンテッソーリ教育の幼稚園は、おうちモンテを取り入れてる家庭では、1歳になる頃からこうした木のおもちゃや知育玩具を子供に与えて、少しずつ練習をしています。
ちゃんとした段階を踏んでステップアップしていくことで、どんな子でも幼稚園のうちに針と糸が使えるようになるんですよ!

糸と針なんて幼児には危ない!なんて言わずに、一人でできるようにどんどんサポートしてあげましょう。
子供たちの可能性は、私たち親の想像をはるかに超えていますから!

「通す」木のおもちゃで遊ぶとどんないいことがあるの?

いいこと、たくさんあります!

まず、直接的には手が器用になります。
棒通しも紐通しも、小さなおもちゃのパーツをつまんで、細い穴に通るように、指や手首や腕を上手にコントロールする必要があるので、どんどん器用になっていきます。
「手は突き出した脳」と言われるくらいですから、脳にとっても良い影響があるはず、というのは言うまでもないですね。

それから、この「通す」木のおもちゃは集中力が必要です。
最初は1つ2つ通すだけで精一杯だけど、毎日続けていくうちに、10個、30個とできるようになります。
手の器用さと同時に、集中力が持続するようになった証拠ですね。

もう一つ、間接的には、子供の自立心を育むことにもつながります。
「通す」おもちゃにチャレンジして、最初できなかったのがだんだんできるようになる、という経験を重ねるうちに、子供は自分ひとりでできた!という満足感を覚え、それがやがて自立することにつながります。

もっと言えば、そこに親や大人の適切な援助があれば、自分は応援してもらっているんだ、愛されているんだという気持ちの安定感も得られ、子供の自己肯定感も育むことになります。
これは「通す」おもちゃに限らず、他の知育玩具&おもちゃすべてに共通していえることですけどね。

「通す」木のおもちゃのステップは?

では、具体的にどんな木のおもちゃや知育玩具を、どんなタイミングでやらせてあげれば良いでしょうか?
目安の月齢・年齢別にひとつずつご紹介します!

■棒通し・リング通し(1歳〜)

まずはこの「棒通し・リング通し」の木のおもちゃからスタートです。
1歳半くらいがちょうど良いかと思いますが、1歳から2歳までと考えれば良いですね。

モンテッソーリの棒通し

モンテッソーリ教具の棒通しです。ここでご紹介しているのはシンプルな垂直タイプですが、他にもいろいろなバリエーションがあります。国内では手に入れにくいのが難点です。
でも、どうぞご心配なく。すぐに買えるおもちゃを次からご紹介します。

トリオスタッキング

PLANTOYS(プラントイ)の木のおもちゃです。幼児向けのおもちゃでブルー系はあまりみかけませんが、いいですね。

ファブート

こちらはカラフルなレインボーカラーの木のおもちゃ。はじめのうちは棒通し・リング通しとして遊び、成長してからは同じ色、同じ大きさに分けて遊ぶなど発展性のある知育玩具です。

スタッキングボールタワー

ドイツ・セレクタ社からスタッキングの木のおもちゃです。支柱がゴムでつながっているので、ぶつかってもぐにゃりと曲がるだけ。こういう細かい部分の安心も嬉しいですね。

プルトーイ・フェリーノ

もうひとつ、ちょっと変わり種のリング通しをご紹介します。ワンコとニャンコがモチーフのこちらの木のおもちゃ。棒通しでありつつ、紐で引っ張って遊ぶプルトイでもあります。2度美味しいおもちゃですね。

■ビーズの紐通し・大玉(1歳6ヶ月〜)

次のステップはビーズタイプです。ビーズといっても、まずは直径2〜3cmの大きな木玉タイプからです。
左手でビーズのブロックを持ち、右手に持った紐をビーズの穴に通します。

紐の反対側の端を結んでおいて、スルリと抜け落ちないようにしましょう。
一生懸命がんばって、10個、20個と通せるようになったときのドヤ顔を、ぜひ見逃しませんように!

ひとつポイントをお伝えします!
紐の先っぽがコーティングされているもの(スニーカーの紐のような)を使わせてあげましょう。
たいていの紐通しのおもちゃはそうなっていますが、中にはそうでないものも。
その場合は木工用ボンドなどで固めてあげると良いですね。

ビーズの紐通し(大)、おすすめのおもちゃはこちらです。

バンビーニビーズ・ドリーム

ドイツのHABA社製ビーズの紐通し。ブロックの大きさは3.5cmです。球数は12個と少なめですが、はじめてのビーズの紐通しには特にそれは問題ではありませんね。
ポイントは、補助用の棒の存在です。紐単体で通すのがまだ難しいようなら、紐をこの棒に連結して使います。棒は硬く形が安定しているので穴を通しやすいわけですね。

レーシングビーズ

PLANTOYS(プラントイ)の定番紐通し知育玩具、レーシングビーズです。

カラービーズ・6シェイプ

STUDY PARK[スタディパーク]まなびラボの他の知育玩具紹介記事でも必ず紹介しているのが、こちらのカラービーズ・6シェイプです。PLANTOYS(プラントイ)のレーシングビーズよりも若干小さめの作りとなっています。70個程度の大容量なのもポイントです。

■ストロー/マカロニ通し(2歳6ヶ月〜)

次のステップは、ストローの紐通し。
普通の太めストローを2〜5cmくらいの長さに短く切り落としたものをたくさん用意しましょう。ストローの代わりにマカロニでも良いですね。
紐はこれまでのステップで使ったものと同じで大丈夫です。

大きな木玉の紐通しとの違いは、
①ストローが細く小さいのでつまみにくい(でもある程度長さがあるのでつまめる)
②通す距離が長い
ことです。これができるようになったら、さらに小さなビーズへと進みましょう!

■ビーズの紐通し・小玉&テグス(3歳〜)

「通す」おもちゃの最終ステップがこちらです。ビーズはより小さく、穴は1mmくらいが目標です。紐も釣り糸に使われる透明の「テグス」に変更します。残念ながらおすすめの既製品おもちゃはなかなか見つけられません。ご自分で材料を揃えてしまうのが早いです。
ビーズが小さいので、誤って飲み込まないように十分に注意してください!

PandaHall Elite ガラスビーズ パール

直径8mm、穴径1mmのガラスビーズです。色は24色で720個(各色30個)も入っています。落ち着いた感じの光沢で綺麗ですね。
PandaHallという中国の手芸品ブランドですが、Amazonでも検索するとたくさん出てきますので、良いものを探してみると良いですね。小さいのでくれぐれも口に入れないようにしてくださいね!

IEADA ラブリービーズDX スタージュエリー

アクリル製の水晶のようなキラキラビーズ。紐通しの練習のためにはちょっとキラキラしすぎで手元が見にくいかもしれませんが、なかなか紐通しに興味をもってくれないときには、こんな可愛いビーズで誘ってみるのも◎ですね。楽しみながら学べればOKだと思います。

スーパーナイロンテグス 8号 100m

手芸用のテグスです。Amazonで100mで600円ちょっと(この記事を書いている時点で)です。
テグスは30cmぐらいの長さに切って使うと良いので300回以上できる計算になりますね。

こちらのテグスの太さは8号=0.47mmです。ビーズ穴が1mmなので、これくらいがちょうど良さそうです。
いろいろな太さが販売されていますので、参考までに1号〜10号までの太さ一覧を掲載しておきますね。

号数 標準直径
1号 0.165mm
2号 0.235mm
2.5号 0.260mm
3号 0.285mm
3.5号 0.310mm
4号 0.330mm
5号 0.370mm
6号 0.405mm
7号 0.435mm
8号 0.470mm
10号 0.520mm

社団法人日本釣用品工業会標準規格より

■ボードの紐通し(3歳〜)

最後におすすめしたいのが、ボードにたくさん穴が空いているタイプの紐通しです。
本物の糸と針で縫うようにして遊びましょう!

これもいろんなタイプが出ています。穴の大きさが違うタイプをいくつか揃えていくとグッドです。

レーシングボード

PLANTOYS(プラントイ)のボードタイプの紐通しです。ひもの先端はしっかりコーティングされているので扱いやすいです。

可愛いイラストの紐通し

3種類の可愛いイラストが描かれたボードタイプの紐通しです。穴はやや小さめなので、ボードタイプの中では上級者向けだと思います。
あるママから聞いた話ですが、お子さんがはじめのうち紐通しにまったく興味を持ってくれなかったそうです。
ところが絵が可愛いタイプを見せたら、絵に興味を持ち、そこから紐通しを始めるようになったそうです。
これも子供に興味を持たせる有効な作戦ですねー!

まとめ

「通す」遊びのおもちゃを、年齢と発達具合の順にご紹介してきましたが、いかがでしたか?
最後まで順調にくれば、次のステップはいよいよ針と糸を使った縫いさし活動が待っています。
縫いさしのやり方については、また別の記事でご紹介したいと思います。

最後に大切なポイントをひとつ、お伝えします。

それぞれのおもちゃに書いたおすすめ月齢はあくまで目安です。
もし、やってみてちょっとまだ難しいかもという風に感じたら、無理せずにひとつ手前のステップに戻ってくださいね。
ひとつひとつ着実にできるようになってから次のステップへ進むことが、子供に自信を持たせるうえで大切なことです。

この記事でご紹介した木のおもちゃは、STUDY PARK[スタディパーク]の通販でも取り扱っていますので、ぜひご覧になってくださいねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です