これだけは欲しい赤ちゃんのおもちゃ!良質なガラガラ・ラトル15選

こんにちは!
STUDYPARK[スタディパーク]編集部のアヤです。

「赤ちゃんのおもちゃ」と聞いて、皆さんは何を思い出しますか?
おしゃぶりやベッドメリーと並んで、ラトル(ガラガラと呼ばれることも多いです)を思い出した方も多いのではないでしょうか?

そのラトルですが、定番おもちゃなだけにバリエーションが多く、どれを買っていいのか今ひとつぴんとこないもの。
結局なんとなくで買ってしまった、なんてことになりがちです。

でもラトルって、思っているよりもずっとずっと重要なおもちゃなんです。

だから、そんな風に適当に選んでしまうのはもったいないこと。
赤ちゃんにぴったりのラトルを用意して、心と体をスクスク育んであげたいですね。

今回は、編集部が選んだおすすめラトル15点をご紹介したいと思います!
月齢別、機能別に合わせてご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ラトルの種類と赤ちゃんに適した時期

おすすめラトル15選をご紹介する前に・・・少しだけ、赤ちゃんのガラガラについておさらいしたいと思います。
もうわかってるから早く紹介してよ!と言う方は、この章はどうぞ読み飛ばしてください。

さて。ラトルには腕や指にひっかける、握る、両手を使って遊ぶなどさまざまな使い方があり、それぞれに赤ちゃんに適した時期があります。
どの時期、どれくらいの発達度合いで、どんな使い方をするのが適しているのかをまずはご紹介します。

新生児期〜2ヶ月・3ヶ月まで|腕や指に引っ掛けるリングタイプのラトル

新生児期から生後3か月くらいまでは、腕や指にひっかけて遊べるリングタイプをおすすめします。
寝転がっていても遊べるように、また落としても怪我をしないように、軽くて小さい新生児向けのものを選びましょう。

赤ちゃんの腕にひっかけずに、ママパパが赤ちゃんのそばで動かしてあげるのでもOK。
目立つ色のラトルを、ゆっくりゆっくり目の前で動かしてあげましょう。
生後2か月くらいの追視をはじめたばかりの赤ちゃんにとって、視覚の良い練習になります。

また、新生児の聴覚は私たちが思っている以上に発達しています。
鈴や木の玉で音が出るラトルをやさしく振ってあげるだけで、赤ちゃんは喜び、聴覚の発達も促せて、いいことずくめです!

大きな音が出過ぎないように
聴覚に敏感な赤ちゃんもいます。あまり大きな音で刺激しすぎないようにしましょう!

生後3ヶ月くらいから|握って振れるグリップタイプのラトル

少しずつ筋力がつくこの月齢の赤ちゃんは、自分の手でラトルを握ることができるようになります。
赤ちゃんにとって握りやすい太さ、大きさ、軽さのものを選んであげると良いですね。

グリップタイプの基本は柄がついているものですが、柄が無くややつかみにくいものもあります。
例えば、卵形のものや、魚やいも虫がモチーフになっているものですね。
赤ちゃんがうまく握れるものからスタートし、少しずつ難易度をあげていくのがおすすめです。

生後6ヶ月・お座り期くらいから|変形するタイプのラトル

お座りができるようになると、両手が使えるようになります。
この時期はグッとレベルをあげて、複雑な造りだったり、握るのに少しコツがいるタイプのものを選ぶのがおすすめです。

例えば、変形させて遊べるラトル。
力をいれたら、ぐにゃりと形が変わる。これが赤ちゃんにとっては楽しいんですよね!

うちの子も、不思議そうにしながら、目をキラキラさせて遊んでいたのを思い出します。
今になって思えば、こういう体験が子どもの「好奇心」育てているのかもしれません。

また、力を入れると形が変わるという「原因と結果」の体験は、論理性の理解の第一歩でもあります。

握力も鍛えられますし、握って持つことは微細運動神経の成長も促します。
赤ちゃんがお座りできるようになったら、変形タイプのラトルをぜひ取り入れてみてください!

ハイハイ期|どれもOKだけど、特に転がるタイプがおすすめ

生後8か月くらいになると、ずりばいやハイハイができるようになります。
筒状のラトルを赤ちゃんの目の前で転がしてあげると、追いかけて一生懸命ハイハイしてくれるはずです。

ずりばいやハイハイは、赤ちゃんの成長とって、すごくすごく大切です。
立って歩くようになっても、あえてさせたほうがいいくらい大切な全身運動です。

転がるラトルを目で追い、耳で感じ、自分で近づいて取り、握って振って遊ぶ。
ラトルひとつで、五感も全身も手先もフルに使う、赤ちゃんの成長にとってこれ以上ない遊びができちゃうんです。
たかがガラガラ、されどラトル!

おすすめラトル15選をご紹介します!

お待たせしました!ここからは、編集部が厳選したラトルをご紹介します。

STUDYPARK[スタディパーク]では、いつも次のことを基準にしておもちゃを選んでいます。

① 舐めても平気、安全であること
② 機能がシンプルであること
③ デザイン性が高いこと

天然素材や塗料が使われていて、ごちゃごちゃといろいろな機能がついていないシンプルなもので、色や形のセンスがいいこと。
どの年齢向けでもそうですが、赤ちゃんのおもちゃとなれば、なおのことです。

良質なラトルを見つけて、赤ちゃんと遊んでみてくださいね!

ギラリー・3|リングタイプ|新生児〜



STUDY PARKで買う

これぞ王道なロングセラーです。シンプルなデザインで飽きずに長く使えます。
この写真だと伝わりませんが、直径10cmでちっちゃくて可愛い!材質はカエデです。
どれがおすすめですか?と聞かれたら、必ずこちらをおすすめするくらいのラトルです。

ギラリー・スクエア|リング・変形タイプ|新生児〜

リングタイプですが、変形させて遊ぶこともできます。新生児のころは引っ掛けるタイプとして、お座りや両手を使って遊ぶことができるようになってからの変形タイプのガラガラ・ラトルのおもちゃとしておすすめです。
直径12cmと、前述のギラリー・3よりひとまわり大きいです。

ラトル・キュベリーノ|リング・変形タイプ|新生児〜

ラバー素材のでこぼこパーツがあるのが最大の特徴です。
形が変化するのが楽しい人気の赤ちゃんのおもちゃですね。
サイズは直径13cmと、やや大きめ。

ラトル・クローバー|リング・変形タイプ|新生児〜

曲線がくねくねと動き、形の変化を楽しめるラトルです。
持ち手は生分解性ポリマーという環境に優しい自然に還る素材でできています。
サイズは12cmほどです。


カレロ|グリップタイプ|3ヶ月〜

STUDY PARKで買う

持ち手がしっかりしていて握りやすい、グリップタイプのラトル。
鮮やかな色使いで、赤ちゃんの興味を引きます。見た目がぽってり大きく見えますが、サイズは直径10cmと、写真の印象よりもずっと小さいです!

ラトル・ギレロ|グリップタイプ|3ヶ月〜

持ち手がしっかりしていて握りやすいグリップタイプです。鮮やかな色使いで、赤ちゃんの興味を引きます。
見た目がぽってり大きく見えますが、サイズは直径10cmと、写真の印象よりもずっと小さいです!
柄は太いので、しっかりものを掴めるようになってからが良いですね。

ドリオ|グリップタイプ|3ヶ月〜

Amazonで買う

ぶどうをイメージして作られたラトルです。
手に持って振ったときの木玉の音がとても可愛いです。まだ自分で握れない内は、木玉を口にいれて遊ぶこともできます。
メーカーのネフ社は、おしゃぶりを長年作っている会社であり、おしゃぶりとしても安心して使えます。


SEボール|変形タイプ|6ヶ月〜

指にひっかかりやすく、動きと形状が面白い、変形タイプです。
つぶしたり、転がしたり、投げたりと、遊び方のバリエーションが幅広く、長い間使えるのも魅力です。

STUDY PARK[スタディパーク]では、ギラリー3と一二を争う人気のラトルです。
というより、どちらもまとめて買っていかれる方が多いです。

ギラリー・スマイル|グリップ・変形タイプ|6ヶ月〜

くねくねとヘビのように変形するのが可愛いラトルです。
長さが16.5cmとやや大きく重さもあるので、しっかりお座りができるようになった赤ちゃんにおすすめです。

クーゲルン|変形タイプ|6ヶ月〜

12色を使ったカラフルなラトル。
丈夫なゴムで玉がつながっていて、ぐにゃぐにゃと不思議に形が変わる面白さ!
つい大人も夢中になってしまい癒されます笑

触ったり握ったりと、手を使った遊びに夢中な赤ちゃんにぴったりなおもちゃです。
お座りができるようになった頃がおすすめ時期。

PW サウンドラトル・タワー|転がすタイプ|8ヶ月〜

ずりばいやハイハイの練習のお供として、絶対にひとつはご用意していただきたい転がるタイプのラトルです。
転がすとコロコロとやさしい木の玉の音が鳴ります・・・癒されます笑

2階層になっていて、中の玉が行ったり来たり。
玉落としとしても遊べておすすめです。

ラトル・カラーフラワー|転がすタイプ|8ヶ月〜

8色を使ったカラフルなお花形のラトル。
コマのように回すと、まず見た目が綺麗で面白いです。
真ん中の鈴の音をチリンチリンと可愛らしく鳴るのもポイントです。
花びらの部分はゴムでつながっていて、つまんでひねったりと、手先の発達を促してくれるおもちゃでもあります。


ラトル・ピクシー|リングタイプ|6ヶ月〜

ピクシー(妖精)やキノコなど、可愛らしいモチーフのラトル。
色は華やかで形も面白いので、見る、触る、舐めるなど、色々な楽しみ方ができます。
10cm程度の小さめリングタイプですが、キャラクターたちがやや大ぶりなので、お座りができてからの方が良いかなと思います。

ラトル・モビー|グリップタイプ|6ヶ月〜

お魚さんがモチーフのラトルです。
グリップタイプですが、柄がないのでちょっと掴みづらいかもしれません。
こちらも、しっかりとお座りができるようになってからが良いかなと思います。
手に持つとグラグラと揺れる動きと、カチカチという音が楽しいですよ〜!

ミュージカル・エッグ|グリップタイプ|10ヶ月〜

STUDY PARKで買う

卵形のグリップタイプです。
STUDY PARK[スタディパーク]として、いつも強烈におすすめしているのが(笑)こちらのラトルです!

丸っこくてやや大ぶりなので、月齢の低い赤ちゃんにとっては少し掴むのが難しいかもしれません。
でも、それがいい練習になります。

おすすめポイントは、赤ちゃんの聴覚の練習にも使えること。
5つそれぞれ中に入っている素材が違うので、振ったときの音色がぜんぶ違うんです。
モンテッソーリ教育の、音感の練習の代用品としても使えますよ。

こちらもお座り以降からがおすすめです。
掴むのがまだ難しいようであれば、はじめはママパパが耳元で振ってあげて、10ヶ月、1歳をすぎてから掴む練習をしても良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんのおもちゃとしてとっても重要なラトルについてまとめてみました。

バリエーションが多いおもちゃですが、すっきり整理できたのではないでしょうか?
出来ればいくつかまとめて買ってしまい、赤ちゃんの興味に合わせて出し入れしてあげるのがおすすめです。

また、ラトルがどうして赤ちゃんにとって重要かは、前回の記事でも詳しくご紹介していますので、ご興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。
赤ちゃんのおもちゃ、ガラガラ・ラトルの選び方で大切な3つのこと

最後に、この記事でご紹介したラトルのいくつかは、STUDY PARK[スタディパーク]の通販ショップでお買い求めいただけます。
赤ちゃんのおもちゃをたくさん取り扱っていますので、よかったらお立ち寄りください!

参考 赤ちゃんのガラガラ・ラトル特集STUDYPARK 通販ショップ