賢い子供はベッドで育てるモンテッソーリの知育モビール4選+1

ベビーベッドでにこにこ笑う赤ちゃん。幸せに賢く育って欲しいと親なら誰でも願うはずです。胎教からがんばった!というママパパも多いと思います。でも、ベッドに寝かせているときには実は何もしていない・・・なんてことありませんか?

もしそうなら、声を大にしていいたい・・・もったいないですよ!

赤ちゃんにとって、ベッドで寝ている時間は生まれてからの時間の何分の一にもなりますから、とても貴重です。
ただ天井を見ているだけじゃ「ねえ、もう飽きました。」って思っているはずです。
ちょうどいい刺激を与えてワクワクする時間と空間を作ってあげましょう。

モビールは生まれたばかりの赤ちゃんにこそぴったり。 

天井から吊るされてゆらりゆらりと回るモビールを見れば、赤ちゃんもきっと大喜び。
そしてこれ、ただ楽しいだけ以上の意味があるんです。
モビールには知育の観点からも大きな効果があります。

STUDY PARK[スタディパーク]でも人気なのが、これからご紹介するモンテッソーリ・モビール。
モンテッソーリ教育のエッセンスを取り入れたモビールなので、わかりやすく「モンテッソーリ・モビール」と呼んでいます。

数年前からこのモンテッソーリ・モビールを手作りしていますが、これまでも今も、たくさんのママパパがお買い求めになっています。
たくさんの赤ちゃんが笑ってくれているんだろうなあ、と思うととても嬉しいです。

モビールが視覚を洗練させる。

ベットで寝ている赤ちゃんも、しっかり「運動」をしています。
手足をバタバタ動かすのももちろんですが、大人が見落としがちなのが視覚の運動です。

生後間もない頃の赤ちゃんの視覚は、輪郭はぼんやりとし、色も白黒のようにモノトーンに見えていると言われています。
また、視点も固定できず本人の意志と関係なくあちこちを見てしまう状態なうえに、焦点距離は20cmから50cmと、とても近いところにしか合わせられないそうです。

そして2-3ヶ月ほどすると視点を固定できるようになり、目でものを追う「追視」をはじめます。
個人差はありますが、一般的にはこのように視覚が洗練されていくのです。

この成長に合わせて、ふさわしいモビールを飾ることで赤ちゃんの視覚の発達を促そう、というのがモンテッソーリ・モビールのコンセプトです。

視覚の発達は、将来の読み書きの力へつながる知育の第一歩。

そんな時期から視覚の発達に取り組む必要あるの?と聞かれることがありますが、はい、大いにあると思います!とお答えしています。

視覚は読む・書くといった基本的な能力を獲得する上で必要となる前提のようなもの。
もっといえば、読み書きに関わらずその他のあらゆる動作において視覚は重要な役割を果たします。

ですから、赤ちゃんのうちから積極的に視覚の発達を促すことはとて意味のあることです。

さて、すっかり前置きが長くなりましたが、モンテッソーリ・モビール4点+1についてご紹介します!

0週から3ヶ月くらいまでの赤ちゃんには白黒の「ムナリ・モビール」を。

考案したイタリアの絵本作家ブルーノ・ムナリから名付けられたモビールです。

STUDY PARKショップで見る

白黒なのには、前述したように理由があります。
生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ色をはっきりと見分けられません。
コントラストがはっきりしているほうがよく認識できるんですね。

形も柄もシンプルな幾何模様とキラリと反射するガラスで、赤ちゃんの興味を引くように作られています

2〜3ヶ月以降の赤ちゃんには、キラキラと輝く「八面体モビール」を。

こちらはホログラムの光沢素材の紙で作られた、八面体のモンテッソーリ・モビールです。
2ヶ月くらいからの赤ちゃんにおすすめします。

STUDY PARKショップで見る

窓辺に吊るして太陽の光が当たると、部屋の白い壁に薄いピンク、ブルー、イエローの反射光がゆらゆらと映し出されるのも美しいです。

我が家でも、赤ちゃんと一緒に仰向けに転がって、きらきらと光る壁をみながら幸せな休日の午後を楽しんだ思い出があります。

2〜3ヶ月の赤ちゃんに。少し幅広に作られた「ダンサーモビール」 を。

少し成長した2〜3ヶ月以降の赤ちゃんにはこちらのダンサーモビールをおすすめします。
その名の通り人がダンスをしている形をしたモビールです。

STUDY PARKショップで見る

ムナリ・モビールと同じように白黒ですが、一部をホログラムの色紙にして、モノトーンに1色プラスしています。
赤ちゃんが目や首を左右に大きく動かすことを促すためにSTUDY PARK[スタディパーク]のダンサーモビールはやや幅広に作られています。

同じく2ヶ月から3ヶ月以降の赤ちゃんのために、美しい「ゴッビモビール」を。

美しく輝く絹糸がまきつけられた球体のモンテッソーリ・モビールです。

赤ちゃんははじめに濃い色が見えるようになり、徐々に薄い色が見えるようになっていきます。
ゴッビモビールの5つの球体が少しずつトーンを変えてグラデーションになっているのはそのためです。

STUDY PARKショップで見る

美しいものが大好きな赤ちゃんのために、モンテッソーリ教育では教具(道具)の美しさを大切にしています。
ゴッビモビールは1本1本巻き付けられた絹糸の光沢がとても美しいモビールです。

STUDY PARK[スタディパーク]では、赤・青2種類のゴッビモビールをご用意しています。

ご出産のお祝いに、モンテッソーリ・モビール4点セットを。

ここまででご紹介した4点をまとめたセット商品もご用意しています(ゴッビモビールは赤・青のどちらかをお選びください)。

ご出産のお祝いにと、会社の皆様やお友達と共同で買われる方も多いです。
また、それぞれバラバラにお買い求めいただくよりも少しだけお得になっています。

STUDY PARKショップで見る

モンテッソーリ・モビールについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
赤ちゃんにとって本当に良いものであれば、もちろんモンテッソーリ・モビールにこだわらなくても良いと思います。

ただ、モビール選びの際に気をつけていただきたい点があります。

まず、軽くて安全であること。
赤ちゃんの上に飾るものですから、万が一落ちた時にも怪我しないように、軽いものをおすすめします。
できるだけ、赤ちゃんの顔の真上は避けて吊るすようにしてください。

(真上以外に吊るすことには、実は他にもメリットがあるのですが、それはまた別の記事でご紹介します。)

ここでご紹介したモンテッソーリ・モビールは、すべて手作りで作っています。
ムナリ・モビールのガラス以外は、竹ヒゴと画用紙ですから安心です。

それから、あまり多くのオブジェクトが吊るされていないこと。
そして色数も多すぎないこと。

よく「どうだ賑やかで楽しいでしょ〜」とばかりにごちゃごちゃとしたカラフルなモビールや音がジャンジャカなるものを見かけますが、避けたほうが良いと私は思います。

情報が多すぎると赤ちゃんは混乱してしまいます。
赤ちゃんにとってちょうど良いモビールを、ぜひ飾ってあげてくださいね。